のほほん たまき旅HOME » 神宮ゆかりの地を巡る

神宮ゆかりの地を巡る

  • 伊勢神宮の摂社・末社
  • 125の宮社から成り立つ伊勢の神宮。天照大御神(あまてらすおおみかみ)をまつる内宮と、豊受大御神(とようけのおおみかみ)をまつる外宮の2宮の正宮以下、別宮14宮、摂社43社、末社24社、所管社42社が存在する。摂社とは平安時代成立の国家法令(ほうれい)「延喜式神名帳」(えんぎしきじんみょうちょう)に記載された神社のことをいう。また、末社は神宮で最も古い記録書の「延暦儀式帳」(えんりゃくぎしきちょう)に載せられた神社を指す。
  • 伊勢神宮と玉城町
  •  玉城町は古代から伊勢神宮と深い関わりがある町。町内には摂社10社(内御同座2社)と末社3社の計13社が鎮座している。そのいくつかは御杖代(みつえしろ)として天照大神を伊勢に導き、神宮を創始した倭姫命(やまとひめのみこと)がご巡幸の途中に定めたもの。また玉城町は、内宮の神主を務めた荒木田氏が原野を開拓して暮らした土地でもあった。そのため、荒木田氏を通して内宮との繋がりが生まれ、町内の摂社・末社は全て内宮に所属をしている。

125社

  • 奈良波良神社(摂社)地図
  • 祭神/那良原比女命
    神社付近の田んぼや野原を守る神様をまつり、神社の目の前には田んぼと里山ののどかな景色が広がっている。社のある「宮古」の地名は元々「宮子」と書き、神様の恵を受ける宮の子を意味した。神社の森を遠くから見ると、神社と山が一体になっているのが分かる。

  • 坂手国生神社(摂社)地図
  • 祭神/高水上神
    参道の入口に差し込む木漏れ日は心を奪われるほど印象的。社殿には白石が敷き詰められ、毎年9月9日には白石神事が行われる習わしだ。かんがいを守る水の神様をまつり、神社の付近には、明治維新頃まで伊勢神宮にお米をお供えした田んぼがあった。

  • 棒原神社(摂社)地図
  • 祭神/天須婆留女命御魂、御前神
    神様の名前に「すばる」と伺えるように、昴星にまつわる神様がまつられ、星の出具合で豊作を占ったと言い伝えが残る。丘の上にある社殿へは88段の階段を登り、階段の真ん中付近からは真下の集落や、辺り一面に広がるのどかな田園風景が見える。

  • 津布良神社(末社)地図
  • 祭神/津布良比古命、津布良比賣命
    こんもりと盛り上がった森に佇む神社で、土地を守る神様と、田んぼや野原の水の神様がまつられる。社へは森の参道を回り込んで入り、境内には生い茂る木々の隙間からやさしい光が挿す。社のある積良地区には、荒木田氏の祖先をまつる催事場跡が残されている。

  • 蚊野神社(摂社) 蚊野御前神社(摂社)地図
  • 祭神/大神御蔭川神 祭神/御前神
    神様の名前に大神と付くことから、摂社の中でも格式が高い神社であることを物語る。蚊野地区の集落の中にあり、「蚊野」の地名はかつて「神納」とも書かれて神宮に作物を納める土地を意味した。神社には外城田川支流のかんがいを守る神様がまつられている。

  • 田乃家神社(摂社) 田乃家御前神社(摂社)地図
  • 祭神/大神御滄川神 祭神/御前神
    神社は竹林が多く分布する丘にあるため、「とうやぶさん」と親しまれる。道を挟んで神社の森の木々と竹林がはっきりと分かれ、参道の中には杉の木が立ち並ぶ。田乃家という名は、神宮の田んぼを耕す人を意味し、神社には農家を守る神様がまつられている。

  • 朽羅神社(摂社)地図
  • 祭神/千依比賣命、千依比古命
    お米の収穫の時期には、黄金に実った稲穂と神社の森の力強い緑が美しいコントラストを描く。その姿は田んぼの中に小島が浮かんでいるよう。古代から「アーメターモターベヨー」と歌って雨を呼び、神社には田んぼや野原の農耕の神様がまつられている。

  • 狭田国生神社(摂社)地図
  • 祭神/速川比古命、速川比女命、山末御魂
    人通りの多い街道筋に社はあるが、境内に一歩足を踏み入れると、町中の雑音をかき消すように木々がざわめく。「ハイコさん」と親しまれ、外城田川のかんがいを守る神様と佐田の土地の神様をまつった神社。古文書には倭姫命が社を定めた云われが記されている。

  • 鴨下神社(末社)地図
  • 祭神/石己呂和居命、鴨比古命、鴨比賣命
    鴨神社と同じ水の利用やかんがいを管理する神様がまつられ、山の中腹にある鴨神社に対して里中にあるため、鴨下と呼ばれる。伊勢市の伝統文化の一つ、勝田流の通り能は、勝田地区を発祥とし、翁の面が天から降ったとされる翁塚が神社のすぐ南にあった。

  • 小社神社(末社)地図
  • 祭神/高水上命
    田んぼの中にぽっかりと浮かび上がる神社の姿は、神様が田んぼを守っているようにも伺う。かんがいを守る神様をまつり、日照りの際には雨乞いが行われたため、「雨の宮さん」と呼ばれる。小社地区は荒木田氏が本拠地とし、荒木田神主一族の産土神として尊ばれた。

  • 鴨神社(摂社)地図
  • 祭神/石己呂和居命、御前神
    山の中腹にある神社で、かんがいを守る神様がまつられている。境内には沢のせせらぎが響き、沢の水はどんな日照りでも枯れなかったという。また、斎宮(さいくう)で使う氷を貯蔵した氷室(ひむろ)も神社の辺りに残る。社までの道のりはハイキングの気分。

前のページに戻る