田丸神社(たまるじんじゃ)

学業成就・病気平癒のご利益

 菅原道真公をはじめ20柱の神様がまつられ、地元内外より広く信仰を集めている。本殿前には、天地を貫くヒノキの大木の御神木があり、古くはエノキの御神木に降雨止雨の祈願をする農耕の神でもあった。天神信仰のもと、現在は学業成就、厄災除、病気平癒などの参拝が絶えない。


  • 願かけなで牛

    願掛けなで牛をなでると、学問向上、身体健全、家運隆昌の願いが叶うといわれる。天神様の使いだった牛が人々の願いを天神様に運んでくれる。また天神様と牛にまつわる話も多い。また、家に持ち帰ることのできる「願かけなで牛」を日々撫でながら、祈願する。成就後には、お礼参りで神前へと返す慣わしがある。
  • 大祭

    毎年秋と春に行われる大祭。秋には天神神輿が町内の氏子たちにより担がれ、町々を渡御する。また春には御獅子に頭をかんでもらうと病気にならない、といわれる獅子頭厄払い神事がある。

    小さくなった鉛筆や傷んで書けなくなった筆を納め、学問成就や書道の上達に感謝する筆塚。いつでも鉛筆を入れられる箱があるので、小さくなった鉛筆を納めて、感謝をして、さらなる上達を祈願しよう。
住所
0596-58-4007
住所
度会郡玉城町下田辺1041【地図
駐車場

前のページに戻る