遊ぶ

アスピア玉城 約670年の歴史が刻まれた田丸城跡。南北朝時代に北畠親房(きたばたけちかふさ)が築いたのが始まりで、戦国時代には織田信長の次男、信雄(のぶかつ)が天守を築いて居城とした。現在、城跡には石垣や天守台などの建造物が当時の姿を留めるほか、1年を通して自然や景観が楽しめるスポットとして多くの人が訪れている。


前のページに戻る